湘南イラストレーション倶楽部 相浦裕 【ただいま生徒募集中!】

相浦 裕 → 日本人。 長崎県出身。
誕生月日 → 11月23日勤労感謝の日
身長181僉 体重75繊
人間→ O型。温厚。のんびり屋。
好きなもの→ 絵。たまさちゃん。サイクリング。電車に乗ってお酒と美味しい弁当を食べること。ウォールトディズニーの世界。 お好み焼き。寿司。すき焼き。

 たまさ(ちゃん)。
 生年月日: 2010年10月10日。
  Breed: Scottish Fold (三毛猫)。
Eye Color:  Gold。
  性質:  気まま。自分勝手。
  長所:  とてもかわいい。
Nデザイン専門学校での住み込みの仕事。

東京へきて 東武練馬駅のアパートから何もかもがスタートした。
色々な理由から3畳のアパートを脱出したかった。(理由はあとで)
そこに何とタイミングのいい情報発見!! 
御茶ノ水美術学院の掲示板にNデザイン専門学校での住み込みの募集掲示を発見しました。
すぐ履歴書を準備して面接を受けました。
辞める方は東京藝術大学大学院修了でこの度フランスへ国費留学されるOさんでした。
その後、私はNデザイン専門学校ですごく気に入られて採用が決定しました。

寝床である居住地と毎月の生活費を稼ぐ収入源を一度に確保しました。同時に気持ち的にはモチベーションがかなり上がりました。
Nデザイン専門学校の管理人として仕事をしながら毎日、日中は基礎デザインとデッサンを勉強するため御茶ノ水美術学院へ通いました。

ある日の夜中、丑三つ時にNデザイン専門学校の中には誰もいないはずの時間帯ですが、微妙な音を感じました。
すごく怖かったです。
耳を澄まして聞いていると4階あたりの上のほうの階段から少しづつ足音を鳴らさないようにしながら、しかし足音は微妙にしながら下りてくる人の気配を感じました。それが微妙ではありますが少しづつ大きく聞こえてきて人間の足音だと確信できるように聞こえてきました。
たまたま同じ郷里のK.H君が一緒にいたのでヒソヒソと小声で話し合いました。
もちろん恐怖心はあるのですがそれ以上に捕まえてみたいという若さの勢いが二人ともに大きく膨らみました。
「よーし、ふたりで捕まえよう」という結論になりました。

ふたりで護身用に準備していた木刀を持って校舎の端と端から挟み撃ちにして捕まえようと計画したのです。
「せーのッ」の掛け声とともにまったくの静寂の世界からふたりの足音が大きくバタバタバタと鳴り響きました。
得体の知れない不法侵入者もその足音にビックリ驚いたかのように急に階段をバターンバターンと2〜3段飛びで走り出しました。
夜中の真っ暗で静寂な校内は3人の駆け回る足音で異様な黒い世界になりました。
完全に不法侵入者を挟み撃ちにしたと確信した瞬間、窓ガラスをバリーンと引き裂くような壊れる音があたり一面に響きました。
ガシャーン!バリバリバリ。
「なんだ!いまの音!」音のほうへ走って行くと 捕まることを悟った犯人は窓を破って2階から1階へ飛び降りたのでした。
下手をすると骨折する高さです。 足元に芝生があった為か、無事に怪我はせず深い丑三つ時の代々木駅方面へ走り去りました。

Nデザイン専門学校での仕事をやりながら
翌年春、東京藝術大学大学院修了でこの度フランスへ国費留学されるOさんのアドバイスを受けながら
お茶美で基礎デザインとデッサン等々を勉強して
晴れて大阪芸術大学芸術学部デザイン学科へ合格しました。 
そしてすぐに大阪の新しいアパートへの引越し準備をはじめました。

| 相浦 裕 | - | 23:34 | comments(0) | - |









CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE