湘南イラストレーション倶楽部 相浦裕 【ただいま生徒募集中!】

相浦 裕 → 日本人。 長崎県出身。
誕生月日 → 11月23日勤労感謝の日
身長181僉 体重75繊
人間→ O型。温厚。のんびり屋。
好きなもの→ 絵。たまさちゃん。サイクリング。電車に乗ってお酒と美味しい弁当を食べること。ウォールトディズニーの世界。 お好み焼き。寿司。すき焼き。

 たまさ(ちゃん)。
 生年月日: 2010年10月10日。
  Breed: Scottish Fold (三毛猫)。
Eye Color:  Gold。
  性質:  気まま。自分勝手。
  長所:  とてもかわいい。
中国留学生のKさん。

Nデザイン専門学校で出会ったM.Oさんは長い留学準備も完了してフランスへ旅立ちました。

自分はまだまだスタート地点にもいませんが、世の中にはすごい才能をもった人がいるんだなーと尊敬の気持ちでいっぱいで見送りました。

大阪芸術大学芸術学部デザイン学科へ入学が決まり、大阪は喜志という町へやって来ました。

近くには友人とか もちろん家族もいません。でもなぜかウキウキでした。

まさに自分という人間が真っ白なキャンパスのような状態でした。

そして新しい未来の扉がここから開いて始まるような予感を感じました。

大阪芸術大学の入学式も終わり、芸大ではじめてのガイダンスを受けるため講堂で待機していると後ろから声をかける人がいました。

「オトナリ アイテマスカ?」 と聞いたとき一瞬にして日本人ではないことがわかりました。「あっどうぞ」と少し驚きながら答えました。

「ボクハチュウゴクカラニホンヘベンキョウニキマシタ。ダレモトモダチイナイ。

ボクトトモダチニナッテクダサイ。」

まだ日本人の友人もいないときによりによって中国留学生?

第一声は「えーッ!」と言ってしまいました。

でもすぐ気を取り戻して「あーいいですよ。友達ですね。」と笑って答えました。

お互いに軽く自己紹介したりしているとガイダンスも終わり アパートのある喜志駅まで一緒に帰りました。

その中国人留学生Kさんも喜志に住んでいると聞きました。

部屋で洗濯をしているとドアをたたく音がするので出てみると中国留学生のKさんでした。

「アーココヘスンデイマスカ。ユウショクヲワタシノウチデイッショニタベマショウ。」

まだよく知らない外国留学生と御飯を一緒にとるなんて経験ないしどうしようか。

それにKさん、見知らぬ日本という外国の町でこのアパートを結構探したんだろうなー。

と思うと・・いいや、何事も勉強、勉強・・ということで「ではKさん宅へ伺いますよ。」

と部屋へ入るとアジア諸国の留学生の方々が4,5人いました。びっくりしました。

一人の外人だけでも対応が大変なのに5人もいる。

中国、韓国、インドネシア、フイリッピン、タイ、言葉は外国語が飛び交い何がなんだかわからない状態です。たまに日本語があっても言葉のつながりが不明で意味はわかりません。

美味しい炒飯と餃子をご馳走していただきながら 話の内容はわからないまま適当にお喋りに相槌を合わせました。

帰り道、今の留学生外人達の食事会はパーティでもないし何をしゃべっていたんだろう?

と考えながら部屋へたどり着きました。

| 相浦 裕 | - | 22:27 | comments(0) | - |









CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE