湘南イラストレーション倶楽部 相浦裕 【ただいま生徒募集中!】

相浦 裕 → 日本人。 長崎県出身。
誕生月日 → 11月23日勤労感謝の日
身長181僉 体重75繊
人間→ O型。温厚。のんびり屋。
好きなもの→ 絵。たまさちゃん。サイクリング。電車に乗ってお酒と美味しい弁当を食べること。ウォールトディズニーの世界。 お好み焼き。寿司。すき焼き。

 たまさ(ちゃん)。
 生年月日: 2010年10月10日。
  Breed: Scottish Fold (三毛猫)。
Eye Color:  Gold。
  性質:  気まま。自分勝手。
  長所:  とてもかわいい。
A--カリフォルニア美術工芸大学
 

アメリカへはじめて行くことになり 期待と不安が入り混じる思いでドキドキしました。

 

大阪芸大デザイン学科N先生とジャンボジェット機の搭乗手続きを終えて いざ飛行機へ乗り込みました。 

まったく知らない遠い遠い土地。 その土地に到着前に飛行機が落ちるかもしれない。

そう自分で想像しましたが、既に父親は私が死んだ場合に備えて相当額の保険金を掛けたと後に母親から聞かされました。なんか複雑な思い。

 

機内でN先生と自分自身の話、家族の話、絵の話を現地へ到着するまで楽しい会話を続けました。

そのせいかアメリカまでの距離が遠い感じはしませんでした。

 

ロサンゼルス空港へ到着してホテルまでバスに乗るとき日本には絶対いないようなタイプのハンサムでモデルさんよりかっこいい若い男の人を見ました。
自分は女性しか興味はありませんがこの人は例外に人間としてかっこいいと思いました。その直後に絵本に出てくるかのようなかわいい女性が歩いてゆくのをバスの中から見ました。その後もあっちこっちで美男美女をみることになり、アメリカの最初の感動はここからはじまりました。

バスから見るアメリカの街中はいろんな色が豊富にありました。生きています。

 

カリフォルニア美術工芸大学の寮へ着きました。

日本の学生寮のイメージとは全然違うマンションみたいな素晴らしい環境に感動しました。

ここを皮切りにアメリカでのテンションはアップしてゆきました。

 

さぁ学校でのレッスンもスタートしました。

座学・デザイン・ドローイングの実技・モデルを見て即興スケッチ画の訓練、校外授業・現地デザイン事務所訪問研修授業等々の大変面白い授業内容でした。

 

特に日本とはちがうのはモデルの美しいことったらドローイングすることを忘れてボーッとして見とれてしまうくらいでした。

校外授業・現地デザイン事務所訪問研修授業では都会的な会社、個性あふれ彩あふれる会社、デザイン会社が港に船を停泊させて運営している会社等々ユニークで興味津々の会社ばかりでした。
会社の中のデザインする机の周りの広さ美しさと半個室の広い仕事場は憧れました。

日本の仕事場の面積とは比べ物になりません。

もう素晴らし過ぎてここで何とか就職できないかと考えました。

 

いろんな個性あふれる会社の中でも規模も大きいデザイン会社へ訪問した際、N先生がバレンタインデーの日に見せて頂いたカレンダーをその会社社長へ見せたところ大変気に入られてしまい、

「あなた私の会社へ来てくれませんか?」とその場でスカウトされることになりました。

 

もうびっくりです。目の前でこんなハプニングに出会うとは思いもよらなかったことでした。

N先生は「考える時間を下さい」とその社長へ答えました。

アメリカンドリームって聞いたことあるけど こんな身近で感じられるドリームに感動しました。
| 相浦 裕 | - | 22:11 | comments(0) | - |









CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE