湘南イラストレーション倶楽部 相浦裕 【ただいま生徒募集中!】

相浦 裕 → 日本人。 長崎県出身。
誕生月日 → 11月23日勤労感謝の日
身長181僉 体重75繊
人間→ O型。温厚。のんびり屋。
好きなもの→ 絵。たまさちゃん。サイクリング。電車に乗ってお酒と美味しい弁当を食べること。ウォールトディズニーの世界。 お好み焼き。寿司。すき焼き。

 たまさ(ちゃん)。
 生年月日: 2010年10月10日。
  Breed: Scottish Fold (三毛猫)。
Eye Color:  Gold。
  性質:  気まま。自分勝手。
  長所:  とてもかわいい。
■G-「日本一周」。Aから先に~Gまでを読んで下さい。 相浦裕です。
 

新潟に入った。

東京へ帰ろうと思えば帰れる距離だ。

少し帰りたい気持ちもあるがこのまま帰ればただの人で終了する。そうはいかない。

 

気持ちを改めて佐渡ヶ島へ行くことにした。新潟港からジェト高速船に乗った。

船とはいえ波の上を飛んでいる。白い波しぶきも激しい。霧状の波粒が船の周りにいっぱい上がりながら走っている。凄い速さだ。

アッという間に佐渡ヶ島に到着した。

佐渡ヶ島はその名前からも日本海に浮かぶ島だ。
この島はなかなか奥が深くてその歴史も深いことが分かった。
はじめに有名な金鉱山へ行った。博物館の中には昔の金鉱で労働する人々の姿を蝋人形で表現してあり、これを見学できる。

金を掘削して掘り出していたその当時の空気感というか様子が身近に感じられる。

海岸で海女さんを見た。丸い桶にのって手漕ぎオールで微妙に操作して動かしている。

東北の日本海、ここが北国の島とは思えないような雰囲気だ。

海に潜っては暫くすると浮き上がり鮑やサザエを採って丸い桶に繋がる網の中へ入れている。見ていて気持ちがいい。
日本人の
DNAとしては生活が豊かにさえ見える。

 

どこからかの車の窓からサザンオールスターズの歌が聞こえてきた。

湘南とはまったく違う佐渡ヶ島でのサザンは如何なものかと思ったが、やはり海辺で聞く歌としてはサザンオールスターズの歌はどこでも合ってしまうところが名曲だと感じる。

 

そういえば拉致被害者で帰国を果たした曽我ひとみさんのふるさとだ。

いま夫のジェンキンスさんと夫婦ふたりで静かに暮らしている。

ただお母さんが帰国していない。

一刻も早く帰国が実現され再会されることを心より祈った。

帰りも高速ジェット船で新潟港まで帰ってきた。

佐渡は興味深い島だった。

 

上越から富山、金沢を経過して 京都へ辿り着いた。

やっと日本の古都である京都へ到着した。

 

 

嵐山は高校時代の修学旅行で見学して強い印象がある場所だ。

その当時は秋で 嵐山の紅葉は最高に達していた。川の対岸から観賞する嵐山は山一面が真っ赤になっていた。

微妙に緑や茶色、黄色とよくよく観察すれば色々な色彩はあるが、嵐山全体を総体的に見て真っ赤、真っ赤なのだ。

京都は芸大生の頃も何度か見学に来たことがあったがこのときのような真っ赤は見たことがないし今後も見ないだろう。

まるで絵本の中で創造された世界のようだった。

それこそ絵にしたいという欲求はあるが自分の力量ではまだ絵に表現できない美しさが現実にあったのだ。

美しい嵐山。これはこれで大切にこころの中のスケッチブックに保存しておこう。

 

その当時のような真っ赤な色ではない平凡な嵐山を久しぶりに眺めていると 横切る人から道を尋ねられた。「ちょっとお聞きしますが、お土産のお店はどこですか?」詳しくは知らなかったが年頃で笑顔のかわいい女の子だったので地元の人のような顔をしながら丁寧に道案内をした。

その人は「ありがとうございました。」と軽く会釈をして土産店へ向かい歩いて行った。

何となく気になったが声をかける理由もみあたらなかったので 
次の東映太秦映画村(とうえいうずまさえいがむら)は、京都市右京区太秦東蜂ケ岡町にある 映画のテーマパークへペダルを漕いだ。    相浦裕です。

| 相浦 裕 | - | 22:33 | comments(0) | - |









CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE