湘南イラストレーション倶楽部 相浦裕 【ただいま生徒募集中!】

相浦 裕 → 日本人。 長崎県出身。
誕生月日 → 11月23日勤労感謝の日
身長181僉 体重75繊
人間→ O型。温厚。のんびり屋。
好きなもの→ 絵。たまさちゃん。サイクリング。電車に乗ってお酒と美味しい弁当を食べること。ウォールトディズニーの世界。 お好み焼き。寿司。すき焼き。

 たまさ(ちゃん)。
 生年月日: 2010年10月10日。
  Breed: Scottish Fold (三毛猫)。
Eye Color:  Gold。
  性質:  気まま。自分勝手。
  長所:  とてもかわいい。
H―「日本一周」。 先にA〜から順にHまでを読んで下さい。 相浦裕です。

「ドカーーン!」という物凄い爆発音が辺りへ響き渡った。

「なんだろう?」と空を見上げた。青い空しかない。

東映太秦映画村が近くその方向から聞こえた。何かやってるな。

これは早く入場して東映太秦映画村(とうえいうずまさえいがむら)で何が起きているか見たくなった。

さっそく太秦映画村に入場して映画セット等々をじっくり見学して最後に撮影所内の道端で忍者とのチャンバラシーンが実演された。

かっこいい忍者がはねたり飛んだりしてラストに高く飛んで着地したとたんに足を滑らせて転んでしまった。

足を捻挫したような捻り具合から痛かったに違いない。

「ウッ」と聞こえた。

微妙に痛そうで周りの見物客も思わず「あっ」と全員声を合わせて言ったくらいだ。

転んだ忍者はこれも演出のひとつかのように痛くなさそうに誤魔化そうとしているが本人が痛かったのは観客はみんなわかっていた。

ただこんな実演を見ることはないので、ハプニングが起きてかえって面白かった。

ハプニングといえば 入場前「ドカーーン!」という物凄い爆発音が聞こえたが

いまだ謎の音になった。

 

京都から大阪はミナミへ到着した。

心斎橋の川の上に昔からある大きな看板、グリコ万歳ジョギングマン看板がいつきてもかわらない。蟹やタコ、伊勢海老、の巨大な動く看板キャラクターたち。夫婦善哉のかわいい神社。まさにここは大阪のど真ん中や。ここにきてタコ焼きかお好み焼き食べなかったら大阪へきた甲斐がない。早速タコ焼きやのハチマキおじさんへタコ焼き注文した。

ハチマキおじさんは「1個おまけや、いや今日は天気も晴天やし特別2個おまけや、若者よ、今日はついてんな〜!」とタコ焼きを渡しながら豪快にガハハハ〜と笑った。

「ハ〜、ありがとうございますー。どうも嬉しいです。」と答えた。

「嬉しいんか。青年のように運がついとる人は羨ましいわ。明日の日本のため、労働に汗流さなあかんで〜!」 「あ〜はい。がんばりま〜す。」と言いながら心の奥では

「自分がおまけした運で羨ましがられてもな〜」とふと思った。

そんな漫才的対話のあとグリコの万歳ジョギングマン看板の真下で食べるタコ焼きはかなり美味しいものだ。

 

これが商人アキンドの町、大阪へきたな〜とはっきり実感できる。

タコ焼きを食べながら周りを観察すると大阪人は他の県と比較して おばさんたちの着ている服の色も派手だし虎とかライオンとか豹とか肉食獣の顔をあしらったTシャツなり着るものを身に着けていて不思議で面白いし男女の顔立ちも色んな個性あふれる人々が大勢いてこれまた面白い。飽きないところだ。

 

タコ焼きを食べながら街ゆく人々を観察していたら見たことのあるかわいい人が横切った。

「あれー。どこかで見たと思ったら 京都は嵐山で道を尋ねてきた人だ。」

これも旅のかき捨てだ。思い切って声をかけてみた。

「こんにちは〜。京都嵐山で道を教えたものです。覚えていますか?」

「あ〜!あのときの〜。わかります。ありがとうございました。」と

覚えてくれていたらしい。「よかった〜。」

「これからどこへ行かれますか?」というと「大阪城へ行きます。」と答えた。

大阪城などまったく予定はなかったが「僕もこれから行きますから一緒にゆきましょうか?」と言おうとした直前の状況のときに 

うしろから「遅刻してごめん、待ったか〜?」と男の声がした。

その人は笑顔で彼女の肩に手をかけてきた。彼女も「待ってないわよ。じゃ行こうか」と笑顔満開で言うと「どうも失礼します。」と軽くおじぎをした。

彼氏は小声で「だれ?あの人、・・」と不信そうな眼差しでうしろを振り向きながら

立ち去って行った。

「は〜。ふ〜。」とため息かわからないものが口から自然に出た。

残りのタコ焼きを口へ入れて 自転車のペダルをふんだ。 
                                                    相浦裕です。

| 相浦 裕 | - | 20:08 | comments(0) | - |









CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE