湘南イラストレーション倶楽部 相浦裕 【ただいま生徒募集中!】

相浦 裕 → 日本人。 長崎県出身。
誕生月日 → 11月23日勤労感謝の日
身長181僉 体重75繊
人間→ O型。温厚。のんびり屋。
好きなもの→ 絵。たまさちゃん。サイクリング。電車に乗ってお酒と美味しい弁当を食べること。ウォールトディズニーの世界。 お好み焼き。寿司。すき焼き。

 たまさ(ちゃん)。
 生年月日: 2010年10月10日。
  Breed: Scottish Fold (三毛猫)。
Eye Color:  Gold。
  性質:  気まま。自分勝手。
  長所:  とてもかわいい。
■L―「日本一周」。先にA〜から順にLまでを読んで下さい。 相浦裕です。
 

 

鹿児島は桜島の噴煙の凄まじさを逃げ出て熊本県は球磨川沿いを走った。

台風が通過したあと晴れ上がった球磨川は狂ったように増水して川から道路へ川の水が溢れんばかりに流れている。

道路地点ギリギリで水が流れているのでいつ自分の身に危険が生じるかわからないので取り敢えず高台の道の駅で休憩してそのままテントを張った。

 

翌朝になった。今日は中学生の修学旅行で来たことがある大好きな阿蘇山へ登るぞ。

バスで来た時とは全く違いきつい上り坂が続いたが大好きな阿蘇山はなぜか疲れない。

登り切れば大自然の豊かさを思いっきり感じることができる素晴らしいところだ。

阿蘇山は噴火口をど真ん中に配置されてその周りを外輪山が囲むように山々が連なっている。景観抜群の広大な風景だ。見ていて飽きない。

桜島は噴煙が立ち上って噴火口までは立ち入り禁止になっていたため入山できなかったので今度こそ阿蘇山は火口を見学してみたかった。見学禁止ではなかったので雄大な火口まで登った。火口の淵から下を見下ろすと今にも爆発しそうな雰囲気で少しだけ煙が上がっている。周りの外輪山のその内側には長閑な平野があり、ここに村があり畑があり、温泉がある。上から見て温泉へ入りたくなったので行ってみた。めちゃくちゃ広い敷地の温泉だ。時間がいくらあっても足りない。

温泉やレストランの人と雑談をする機会があったが全体的に物凄く大らかな人々ばかりだ。

阿蘇山の大自然のように人間もおおらかな大自然と一体化するためなのか、とても話す人毎にいい人ばかりで興味が湧いてきた。

そんなこともあっておおらかな気分になったので地ビールと馬刺しを食べてみた。

またこれが大変美味い。 あ〜阿蘇山に住みたい。こんないいところない。

 

その3日後に熊本は球磨川を見たが川は増水がなくなりいつもの穏やかな球磨川になっていた。面白そうだったので球磨川下りの船に乗った。

 

お客のおばさん達に続いて一番後ろの席に陣取り川を下った。穏やかな川の風景から一転してひっくり返りそうな勢いの水の流れもある。

岩にぶつかるんじゃないかとハラハラさせられた。

穏やかな川の流れの中、船にのったまま ふと岸の上のほうを見ると岸部の7〜8m上にある木の枝に人の洋服らしきものやおもちゃとか農家の道具が枝にひっかかったままだ。ということは球磨川の増水は軽く7〜8m上までは流れていたということになる。もしかすると10mくらいの増水かな。川って台風とかの影響で急変すると恐いところだ。

人や動物が流されてもおかしくない。台風の爪あとで色んなことがわかってくる。
そういえば小学生の頃、佐世保川が台風で氾濫して山の方向から豚や牛が水膨れに膨れ上がって川に流されて浮いているところを見たことがある。そんなショッキングな現実の場面を見たことをこの球磨川を見て思い出した。

そろそろ博多を目指す時が来た。  相浦裕です。

| 相浦 裕 | - | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.syonan-aiura.com/trackback/61
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE