湘南イラストレーション倶楽部 相浦裕 【ただいま生徒募集中!】

相浦 裕 → 日本人。 長崎県出身。
誕生月日 → 11月23日勤労感謝の日
身長181僉 体重75繊
人間→ O型。温厚。のんびり屋。
好きなもの→ 絵。たまさちゃん。サイクリング。電車に乗ってお酒と美味しい弁当を食べること。ウォールトディズニーの世界。 お好み焼き。寿司。すき焼き。

 たまさ(ちゃん)。
 生年月日: 2010年10月10日。
  Breed: Scottish Fold (三毛猫)。
Eye Color:  Gold。
  性質:  気まま。自分勝手。
  長所:  とてもかわいい。
●「サントリー大壁画プレゼンテーション。」   相浦 裕です。
 

日本電気デザインセンターでは 人間的にも素晴らしい人々と多く出会った。

 

ある日 大手N工芸社から 驚くべき話があった。

「相浦さんのウェービーラインの絵を壁画のプレゼンテーションへ出品したい」 という話だった。
壁画?

はじめの印象は「渋谷パルコ横に 壁画を何度も描いたことがあるのでそのような感じの壁画でしょうか?」と尋ねた。 

「いや、もっとでかい壁画です。世界的にも記録されるほどの壁画になります。」と
大手N工芸社は話した。

 

「え〜っ!!世界的にも記録されるほどの壁画???」それだけ聞いても大変驚きだった。

「場所は?どこですか?」と聞くと、「大阪」という。

「クライアントは?」「サントリーです。」

 

「もっと具体的にお話し下さいませんか?」と言うと「会場は大阪で 国際花と緑の博覧会が開催されます。

そこには世界各国の出展ブース建物が立ち並びます。世界各国の花や植物が展示されます。日本はその中のサントリーが出展し、映像や花や植物を展示しながら建物の周りを世界一大きいステンドグラス様式の壁画を創作します。

 

この壁画を相浦さんへお願いしたいと思います。何卒よろしくお願い申し上げます。」という話だった。

この話を聞いて腰が抜けた。   こんな話聞いたことがない。

 

自分にこんな凄い大きい話が舞い込むこと自体が間違っているんじゃないの?と思った。

N工芸社は続けて「ただし、電通。博報堂。をはじめとする錚々たる会社がプレゼンへ出品します。

その他企業、デザインセンター。大手工芸社。大手デザイン広告代理店。全国デザイン会社各社。

プレゼンテーションなので競合他社が最低200〜300社はいます。

 

その中で勝ち抜いてひとりの作家が決定するのです。だから並大抵のことでは勝ち抜けません。」と
説明していただいた。

N工芸社へは「なるほど。では良いお話なので頑張ります。」と声を弾ませて答えておいた。

説明を受けた直後の正直な気持ちは 「そんなの無理だよ」と心の奥底で思っていた。

しかし、 こんな大きい話を聞いていただけで「自分にはもったいないし有難いことだと思った。」

 

プレゼンテーション一次審査が通過し、二次審査も通過したとき、ここまで通過すれば本望と思った。
次の段階である三次審査も通過したとき 人間の欲望が目覚めてきた。
ラストで落ちるか上がるかの「最終審査も どうか内定してください」という
気持ちに自分が変化してきた。

 

駄目かもしれないけど明治神宮へお参りに行って誠実にこころを込めてお祈りした。 

「神様どうか僕にサントリーの大壁画の仕事を下さい。お願い致します。御頼み申し上げます。」決まった宗教を持っているわけではないが そんな精神状態になってお参りしたのだ。

そしてついに最終審査の発表の日がきた。

相浦 裕です。

| 相浦 裕 | - | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.syonan-aiura.com/trackback/72
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE