湘南イラストレーション倶楽部 相浦裕 【ただいま生徒募集中!】

相浦 裕 → 日本人。 長崎県出身。
誕生月日 → 11月23日勤労感謝の日
身長181僉 体重75繊
人間→ O型。温厚。のんびり屋。
好きなもの→ 絵。たまさちゃん。サイクリング。電車に乗ってお酒と美味しい弁当を食べること。ウォールトディズニーの世界。 お好み焼き。寿司。すき焼き。

 たまさ(ちゃん)。
 生年月日: 2010年10月10日。
  Breed: Scottish Fold (三毛猫)。
Eye Color:  Gold。
  性質:  気まま。自分勝手。
  長所:  とてもかわいい。
●有限会社「湘南イラストレーション倶楽部」立ち上げ。

国際花博サントリー館大壁画フラワーフォールは花の博覧会というテーマに合わせて世界の花々約200種類を表現した。
その中には日本人の誰もが好きな花、また母の大好きな「桜の花」をたくさん無数に描こうと思った。

下描きは巻き絵状態の紙ロールを使用して毎日毎日「桜の花」を描き続けた。
忘れることのできないくらい何度も何度も描き直しながら描き進めた。
 
描いても描いてもまだまだ完成には程遠い時期には本当にこの絵は完成するのかと疑問にさえ感じるほどだった。
小学
6年生の頃、毎日めげずにマッチの棒だけで制作した京都の五重ノ塔。
夏休み中、すべての休みを使って毎日根気よく作っていた日をまぶたに思い浮かべた。
いつもそばにはペットの「たま」が作っているところをニコニコしながら(目を細めていたのでたぶん・・)見ていてくれた。あの時の根気強さをこの時によみがえらせなきゃという気持ちで制作していった。

そしていつの間にか月日は過ぎて作品は遂に完成の日がきた。完成が信じられないくらいだった。
その作品のオープン日。大阪の会場である国際花博サントリー館大壁画フラワーフォールの現場には大勢の来場客がいた。
胸にグッとくるものがあった。大盛況だった。制作中の頃を思い出し、たまらなく鳥肌が立つような嬉しさだった。

地元の新聞からテレビ、特にNHKが取材にきた。
新聞にも写真入りで新進気鋭作家という形でオーバーに大々的に取り上げられて大変恥ずかしく照れ臭い思いだった。
やがて国際花博が終了後間もなくして日本ディスプレイ協会が主催であり全国のプロ達が競い合うディスプレイの選考会があった。
日本中のディスプレイ作品の中から選ばれる日本ディスプレイ賞公募に国際花博サントリー館大壁画フラワーフォールが「日本ディスプレイ協会特別奨励賞」を受賞することができた。

続けて同大壁画はCSデザイン賞。銅賞受賞。翌年電通ギャラリーで国際花博サントリー館大壁画フラワーフォール原画・個展を開催できた。会場にきた各ギャラリー関係者から個展の勧誘を受けてその後、あらためて原宿のギャラリーをはじめ都内のデパート等々で同じ内容の原画展を開催する運びになった。
この波に乗ってイラストレーション制作会社を立ち上げる計画を同時進行で考えていった。
小規模な形から始めようと考えた為、有限会社を立ち上げることにした。
次にその会社の屋号を決めなくてはスタートできない。
生活しているところは大好きな湘南。
湘南の海の近くである藤沢市片瀬に住んでいたことから是非「湘南」という名称を屋号の一部にどうしてもつけたかった。
そしてイラストレーション制作会社。

シンプルで素直に命名しようと考えた。そして考え付いたのは・・・
「有限会社湘南イラストレーション倶楽部」 だった。
この屋号がすんなり決定した瞬間だった
 
会社をスタートさせてすぐに思いもかけないトヨタ自動車の年度カレンダー12ヶ月分のプレゼンテーションの話がきた。
大変驚いた。

あくまでプレゼンテーションだから恐らく駄目なのはわかっているが、まさにメジャーでビックな話だったのでプレゼンに落ちても勉強になるという話だった。
それだけに日本中のデザイン事務所や広告代理店、その中でも大手の電通、博報堂あたりが試技を削って争奪戦に加わってくる仕事なのだ。
勉強だと思って横綱の胸を借りるつもりでトヨタ自動車プレゼンテーションの作品のアイディアを考え尽くした。
最終的に出た案で車の室内からドライバーが車の外をフロントウインドウ越し見ている景色を表現することにした。
よその会社はすべて車の外観を売りたいのでそこからアイディアを考案してくるだろうという読みから差別化した逆の発想だった。

それからプレゼンテーション用の作品制作。日本中のデザイン関連会社が参加する大きなプレゼン。その結果発表の日が来た。
クライアントであるトヨタ自動車が湘南イラストレーション倶楽部のアイディアを大変感動し喜んでくれたというのだ。
プレゼンに勝利するのは大方の予想として電通、博報堂あたりの大企業だろうという読みがほとんどの人にあった。
しかし世の中の大方の予想とはまったく意に反した会社、仕事をはじめたばかりの個人企業に最終プレゼンテーション獲得の話が舞い込んでくるとは誰も予想がつかなかった。

「湘南イラストさんがトヨタカレンダープレゼンをとりました〜。」と連絡がきたときは
一挙に万歳する気持ちはなれなかった。プレゼン獲得が信じられないからだ。
時間の経過とともに胸の奥に次第と沸々と湧いてくる嬉しさ、ドキドキとする気持ちだった。

まさに信じ難いような嬉しさだった。 
これから始まることに何やら体全体がゾクゾクとしてきた。
                              相浦 裕です。

 
| 相浦 裕 | - | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.syonan-aiura.com/trackback/77
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE